気になる住まいの設備・くらし情報サイト

LITH(リズ)

ガスコンロ

ガス臭い時の必読知識とガスコンロがつかない時の臭いや漏えいリスク

更新日:

ガスコンロの火がつかない時にガス臭い原因

ガスコンロで火をつけようとしてつかなかった時などに、「ガス臭い」「ガス漏れかも?」と感じるケースがあります。

ガス臭いと感じるシーンは各ご家庭の状況によって様々なので、状況がわからない上で「危険性の有無」を明確に線引きするのはなかなか難しいですが、ガス臭いと感じた時は「必ずとるべき行動」と「注意点」があります。

また、ガスコンロを使っていてガス臭いと感じるケースもいくつかパターンがあるので、「ガスが出る仕組み」や「ガスの臭いと感じる場面」を「ガス臭い時の正しい対処法」とあわせて解説します。知っておくことで「ガスコンロのガス臭い状況」を減らすことにもつながります。

「ガス臭い」と感じた時の行動【まずはお読みください】

ガス漏れ時はもちろんのこと、ガスコンロの火がつかなくてガス臭いと感じたときでも、慌てずに次の対応をおこなうことで事故を未然に防ぐことができます。

step
1
ガス器具の運転を全て停止させてください。

 

step
2
窓や戸を大きく開けて喚起を十分におこなってください。

換気の際は、換気扇や扇風機を回さないでください。スイッチをONにしたときに火花が散る可能性があります。(※電気のスイッチ操作やコンセントの抜き差しもNGです。)

火気は絶対に使用しないでください。

ガスを屋外へ出すために、じゅうたんや畳をほうきなどでこすらないでください。静電気爆発の危険性があります。

 

step
3
全ての器具栓、ガスの元栓を閉めてください。

 

step
4
ガスメーターのメーターガス栓も閉めてください。

 

step
5
契約のガス会社やLP販売店に連絡してください。

 

ガスが臭いと感じたら|日本ガス協会

 

ガスコンロでガス臭いと感じる状況

ガスコンロ

ガス臭い原因

ガス臭い原因には、ご自身のガスコンロの操作状況やガスコンロ内部の故障など、いくつかの原因が挙げられます。ガスの臭いがする主な原因は以下の通りです。

点火スイッチの長押し操作

ガスコンロは、点火レバーを押しながら(まわしながら)点火の位置にセットすると、通常はパチパチと点火プラグがスパークすると共に、ガスが放出されて点火する仕組みになっています。ですが、何らかの原因でスパークしなかった状況で長押しを継続した場合、ガスが流れ続けて、ガス臭くなった可能性があります。

ガス臭いと感じたら何度も連続で点火操作を行わず、まずは大きく窓を開けて換気し、新鮮な空気に入れ替えてから、時間をあけて様子をみてから再操作をするようにしましょう。

 

煮こぼれや吹きこぼれによる消火後の再点火

ガスコンロの火が煮こぼれや吹きこぼれなどによって火が消えた場合、再点火操作をおこなっても火がつかずにガスの臭いが発生することがあります。
この場合は、立ち消え安全装置が作動し、ガスを安全に遮断するため、それまでのガスの流れは極少量です。

2008年10月1日以降、法規制によって全てのガスコンロのバーナーに「立ち消え安全装置」の搭載が義務付けられており安全性が高まっています。

注意としては、法規制前の特に1980年代に製造された古いガスコンロには立ち消え安全装置が組み込まれていないものがあります。

 

ゴムホースの亀裂や抜け落ち

ガステーブルの場合、コンロとガス栓を繋いでいるゴムホースは消耗品であるため、劣化が進むと次第にゴムホースに亀裂が入ることや、ガス栓からゴムホースが抜け落ちることがあります。その場合、ガスコンロ内部までガスが流れず火がつかない状況となり、亀裂箇所からのガスの漏えいやゴムホースが抜け落ちた後のガス栓からのガスの放出によって室内がガス臭くなります。

現在では、ヒューズ機構(ガスの流量が通常より多い場合にガスを遮断する機能)を要したガス栓の取り付けが義務となっており、万が一ゴムホースの抜け落ちや亀裂でガスが流れた場合でもヒューズ機構によってガスが止まる仕組みとなっており、安全性が高くなっています。

 

ガスコンロ内部部品の劣化に伴うガス漏れ

ガスコンロが劣化するとガス漏れの危険性

ガスコンロを構成している部品の劣化によってガス漏れを起こすことがあります。掃除不足は劣化の原因になりますし、洗剤選びやお手入れ方法も正しく行わないと部品の損傷や劣化につながる可能性があります。内部がボロボロになると穴があいてガス漏れなどにもつながる場合もありますので、正しいケアや使い方が重要となります。

正しいお手入れ方法や注意点などもお使いの機種の取扱説明書を確認するようにしてください。

 

ガス切れの場合(プロパンガスの場合)

プロパンガスのボンベ

プロパンガスの契約をしている戸建て住宅の場合、多くのご家庭では外壁に面した場所にプロパンガスボンベを1本または複数本蔵置しています。ボンベ内のガスの残量がなくなりかけているときや、複数本のボンベのうち1本がなくなり、もう一方のボンベへ自動的にガスの流れを切り替える際に、ボンベの底に残ったガスの臭いが上昇して臭いが発生することがありますが、このような状況下ではガス漏れは発生していません。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、建物から離れた位置にボンベが格納されていることが多く、ガス切れや切り替え時によるガスの臭いを感じる事は極稀であると言えます。

 

ガスの漏えいリスクを減らすために

ガスコンロの火がつかなくてガス臭い原因は、ガスコンロ内部部品の劣化や消費者の操作によってガス漏れを発生させていることがあります。ガスコンロの操作は決して難しいものではありませんが、正しく使用できていると思っていたことが、実は正しくない可能性もあります。取扱説明書には、よくある質問や禁止事項や注意喚起なども細かく書かれているので、この機会に確認しておくことをおすすめします。

故障以外での「ガスコンロの火がつかない」状況を減らすだけでも、ガス臭いと感じる場面は減らすことができます。そして、故障をさせないためのケアもガス漏れ防止には重要となってきます。そこには正しい使い方や日々のお手入れが重要になるということです。まずはガスコンロがつかない原因と対処を知っておくこともポイントです。

総集編
ガスコンロ 火がつかないときのアドバイス【専門家執筆】
【2019最新】ガスコンロの火がつかない原因・症状・対策ガイド

執筆者|千田 哲耶:ガスコンロアドバイザー/LITH編集長 国内のガスコンロには「ビルトインコンロとガステーブル(都市ガス/プロパン)」があり、メーカーも複数あります。ですが「ガスコンロの火がつかない ...

続きを見る

 

定期的な点検と交換

ガス漏れを未然に防ぐ対策としては、2年に1回程度の頻度でゴムホースを交換することやガスコンロを購入から7~10年程度で交換するなど、常に新しいものへ交換することで劣化によるガス漏れを防ぐことができます。(※ガスコンロの部品の供給期限は、製造終了から約5年~6年程度です。)

要チェック
ガスコンロの寿命とは
5年で買い替え?ガスコンロの寿命が近いサイン7選と長く使う秘訣

ガスコンロは、汚れやすい天板やバーナーキャップ、グリル庫内など、日頃のお手入れと新しい電池の交換によって比較的長い期間使用することができる機器です。 では、5年、7年、10年、15年…、ガスコンロの寿 ...

続きを見る

 

実際にガスの臭い状況に直面した場合、「この状況は大丈夫なのか?上記のどのパターンなのか?」…なかなか判断が難しいと思います。ですので、少しでも異変を感じたら冒頭でお伝えしたように、まず初動体制として窓や戸を大きく開けて十分に換気をおこなうと共に、換気扇や扇風機は絶対に回さない、スイッチ操作などを行わないことが大切な行動となります。その上で、速やかに契約しているガス会社に相談するようにしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

八十田 誠治(やそだ せいじ)

職種LPガス販売店(LPガス販売、ガス器具の工事・修理・販売)
資格液化石油ガス設備士/第二種販売主任者/業務主任者/第二種電気工事士
専門LPガス販売/ガス器具全般

趣味:サッカー/釣り
 東日本大震災と熊本地震を経験。エネルギーの中でも復旧の早いLPガスの大切さを肌身で感じて前職からガス業界へ転身し、日々ガス器具の魅力やガス供給の大切さを伝えています。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-ガスコンロ

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.