気になる住まいの設備・くらし情報サイト

LITH(リズ)

ガスコンロ

お家は都市ガス?プロパン?ガスコンロで見る「ガス2種類」の違い

投稿日:

ガスの種類(都市ガスとプロパンガスの違い)

据え置きタイプのガスコンロ(ガステーブル)などのガス器具を購入する際には、使用する建物で使われているガスの種類(都市ガス・プロパンガス)と適合した商品を選ぶ必要があります。

ガス種が適合しない商品を選ぶと危険なため、ガス種の違いや商品の選び方について十分に理解した上で購入しましょう。

この記事では、ガステーブルコンロの購入を想定して、ガス種の基本的な知識や、自宅のガス種の調べ方、異なるガス種のテーブルコンロの改造・調整についてお伝えします。

 

都市ガス・プロパンガスの違いと注意

住宅で使われているガスは、都市ガスとプロパンガスの2種類です。それぞれ、次の別名がありますので把握しておきましょう。

都市ガス都市ガスについて

プロパンプロパンガスについて

都市ガスについて

都市ガス…天然ガス、12A・13A

都市ガスは、地中に埋設されたガス管から自宅へガスが供給されます。

 

プロパンガスについて

プロパンガス…LPG、LPガス

プロパンガスは敷地内に置かれたガスボンベからガスが供給されます。

据置きタイプのガスコンロを購入する際には、まずは、設置する建物に供給されているのがどちらのガス種なのかを確認しましょう。

万が一ガス種を間違えると、次のような不具合が起こる可能性があります。

  • 点火しない
  • 不完全燃焼を起こす
  • 室内にガスが充満する
  • 一酸化炭素中毒で最悪の場合死亡事故に至る
  • やけどを負う
  • 火災が発生する
  • ガステーブルコンロが故障する

けがや財産を失う恐れや、最悪の場合命の危険も考えられますので、必ず適したガス種の商品を購入してください。

 

都市ガスか?プロパンガスか?を確認する方法

ガス種

ガスコンロをはじめ、ご自宅でお使いのガス器具に供給されているのが、都市ガスか、プロパンガスかを確認するには、次の方法があります。

 

契約中のガス会社のカスタマーセンターに確認

一番間違いがなく確かな方法です。

ガスの検針票やガスメーターから問い合わせ先を確認しましょう。

 

不動産会社に確認

ガス会社が不明で、賃貸住宅の場合、管理元の不動産会社に確認しましょう。

 

家の配管を確認

都市ガスは地中配管で供給され、プロパンガスはガスボンベで供給されているため、建物の敷地内にあるガスメーター周辺を確認することで、どちらのガスが使われているかわかります。

 

他のガス器具で確認

ガス給湯器やガスストーブ、ガス乾燥機などに貼られたラベルや、商品番号からも確認できます。

ラベルガス給湯器で確認する場合

都市ガス(12A・13A)の場合ラベルの都市ガス表記

プロパンガス(LPG)の場合ラベルのLPガス表記

ガス給湯器の場合は、本体の前板のラベルに商品型式とともに、ガスの種類も書かれています。前板部分の文字が消えて見えない場合は、側面ラベルや他のガス器具で確認してみましょう。

これらの方法から、あなたのお家のガス種は「都市ガス?プロパン?」どちらであるかを正しく把握してください。

 

ガスコンロのガス種類の変更(改造依頼)について

異なるガス種のガスコンロを購入してしまった場合や、引越しの関係で手持ちの機種と建物のガス種が変わってしまう場合には、ガスコンロのガス種転換(改造依頼)することで、都市ガス専用のものをプロパンガス専用に、プロパンガス専用のものを都市ガス専用に変換させることもできます。

ユーザーさんご自身では改造はできませんし、してはいけません!必ず、メーカーや専門業者に依頼をしてください。

ガステーブルコンロの改造・調整については、一般的に次のようになっています。

  • ガスメーカーやガス工事会社などに依頼する
  • 費用は15,000~20,000円程度(改造部品代や作業費用(作業時間)は、機種によって大きく異なるため、費用も大きく前後する場合があります。まずは問い合わせをしてみましょう)
  • 部品の取り寄せで2週間~1ヶ月程度かかることもある
  • 適合部品がない場合には改造・調整できない場合もある

ガステーブルコンロのガス種変更は、メーカーやガス会社、専門業者に対応してもらえれば、安心してお使いいただくことが可能です。

安いガスコンロの場合は、新しい商品を買うほうが安い場合もありますが、高価な機種の場合は、検討してみる価値はあると思います。

 

ガスの種類まとめ

ガス器具を購入する際に知っておきたい、ガス種の基本的な知識や、異なるガス種の改造についてお伝えしました。

特に、工事業者が基本的に見積りや設置施工を行わない「据え置きガステーブル」の場合は、購入の際にガス種を間違って、後に相談や後悔をされる方は少なくありません。

購入する際には必ずガス種を確認して、安全に快適に使用していただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

佐藤 ゆうか

2級建築士

高校から建築を学び、横浜市の総合建設会社設計部に就職。 木造住宅を中心に新築から手すりの取り付けリフォーム、マンションリフォームなどの意匠設計、積算に携わる。 現在は、フリーとなり住宅や公共建築物の設計図面製作、住宅や不動産に関するコラムの執筆も行っている。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-ガスコンロ
-, , , ,

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.