エネルギー 生活の知恵

うちのガス代は平均より高い?世帯人数別まとめ【プロパン/都市ガス】

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス)

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決めるために「ガス代の平均」を知っておきましょう。

ガス代の平均(世帯人数別)

また、一人暮らしデビューの方は、この記事に目を通していただければ、ひと月のガス代の目安を立てることができます。「ガス代節約のコツ」についても紹介していますので是非ご参考にしてください。

 

世帯人数別ガス代平均まとめ

世帯人数を「一人暮らし」「二人暮らし」「3人家族」「4人家族」別に確認していきましょう。

世帯人数別「ガス代平均」と「ガス使用量の目安」

ガス代は季節によって大きく変わります。たとえば冬場は水温が低いため、同じ温度のお湯を作るためにたくさんガスを消費します。1年を4つの時期に分け、下表に世帯人数別ガス代の平均とガス使用量をまとめました。

◆世帯人数別ガス代平均まとめ(2018年)

世帯人数 1~3月期 4~6月期 7~9月期 10~12月期
一人暮らし 3,808円 2,982円 2,149円 2,449円
(24m3) (17m3) (10m3) (13m3)
二人暮らし 6,075円 4,590円 3,108円 3,683円
(43m3) (29m3) (17m3) (21m3)
3人家族 7,118円 5,449円 3,617円 4,219円
(51m3) (36m3) (21m3) (25m3)
4人家族 7,036円 5,364円 3,466円 4,277円
(50m3) (35m3) (19m3) (25m3)

※上記金額は全て税込。支出金額の出典:政府統計(1世帯当たり1か月間の収入と支出(総世帯))より
※カッコ内は政府統計金額を参考に筆者にて想定したガス使用量。
※都市ガス45MJを想定。プロパンガスの場合、使用量はおよそ半分。

 

いかがでしょうか。ご自宅の検針票の数値と見比べてみてください。

LPガスをご使用の方は検針票の使用量を2倍したものと比較してみてください。(2倍する理由は後ろの記事で説明します。)

政府統計によると、4人家族のほうが3人家族よりもガス代が安くなっていますが、一般的に家族が多くなるほど、お湯の使用量は増えるため、ガス代が高くなる傾向にあります。ちなみに東京ガスでは、標準家庭のガス使用量を30m3と算出しているようです。(東京ガスHP Q&A

また、エネファームや床暖房をご使用の家庭では、ガスの使用量が増えるため上記金額よりも高くなると思われます。

 

都市ガスはLPガス(プロパンガス)より安いって本当?

都市ガスの方がLPガスより安いって話、聞いたことありませんか。ネット上でもアパートを探している人に対して、都市ガスをおすすめする記事が多く見かけられます。その辺のカラクリを少し説明したいと思います。

そもそも都市ガスとLPガスの違いって何?

そもそも都市ガスとLPガスって何が違うのでしょうか。簡単にまとめてみました。

都市ガス

都市ガス

  • メタンを主成分とするガス
  • 空気より軽い
  • 工場から導管を通じて各家庭に供給されるため都市部に多く普及
  • 1m3あたりの熱量は11,000kcal(地域により異なる)
  • ガス料金がホームページなどで一般に公開されている

都市ガスを供給している会社は主なところですが、

東京ガス 大阪ガス 東邦ガス 北海道ガス 西部ガス 静岡ガス 北陸ガスなどで、中には市町村が経営している公営のガス会社もあります。

また、2018年4月から都市ガス事業も全面自由化され、東京電力エナジーパートナーやJXTGエネルギーによるENEOS都市ガスなどが参入し、競争が激化してきています。

LPガス(プロパンガス)

プロパンガス

  • プロパン・ブタンを主成分とするガス
  • 空気より重い
  • 多くはボンベまたはバルクタンクより供給されるため、地域を選ばない
  • 1m3あたりの熱量は24,000kcal
  • ガス料金は客毎に自由に設定

LPガス会社は岩谷産業やニチガス、ミツウロコといった大手から、地方に行けば個人商店でも取り扱っており、大小さまざまな小売業者が存在します。

どうしてLPガスの使用量は都市ガスより少なくなるのか

LPガス1m3を燃焼させると都市ガスのおよそ2倍の熱を生みます。ですがLPガスだとお湯が沸く時間が半分になるのか、と言えばそうではありません。

ガス機器は都市ガスもLPガスも火力はほぼ同じように設計されています(LPガスは2倍に薄めて使用しているイメージ)。つまりお湯が沸く時間に差はほとんどありません。

同じ温度のお湯を作るために必要なLPガスの量は都市ガスの半分ほどで済むということです。したがってLPガス1m3は都市ガスのおよそ2倍の価値があることから、1m3あたりの単価は都市ガスよりもLPガスの方が高くなります。

とはいうものの、一般家庭において多くの場合LPガスの単価は都市ガスの2倍以上高いケースが多くあります。それは次に示す要因からなります。

LPガスが都市ガスより高いと言われる要因

LPガスはお客さん毎に自由に価格を設定できます。極論を言えば、お隣さん同士が同じLPガス会社から購入していても、価格が大きく違っておかしくありません。

LPガスは供給する場所を選びません。山間地などの僻地でもボンベさえ運ぶことができれば供給できます。ボンベの配達は人力で行うため、導管で供給する都市ガスと比較してコストが多くかかります。ボンベ供給からバルクタンクによる供給に変更することができれば、タンクの容量が大きくなり、タンクローリーによる供給ができることから、一般にガス単価を低く抑えることができます。

また、アパートなどでは新築の際にLPガス会社がガス配管を無償で施工したり、給湯器などのガス機器をアパートオーナーへ提供したりする見返りに、自社のLPガスを長期契約で採用してもらうケースがあります。それらの費用は入居者のガス料金へ転嫁されます。

実際に賃貸アパートを探したことがある方なら分かると思いますが、設備がいい割に家賃が手頃だな、と感じるアパートはだいたいLPガスを採用しています。アパートオーナーからしてみれば建設費用を抑えれば投資回収を早くするか家賃を低く抑えることができます。一方でLPガス会社からすれば、賃貸物件の入居者は他のLPガス会社に変更しづらいため、言い値で商売できるためお互いにメリットが生じるからです。

結果、入居者にとってはガス代が高くなる要因となるため、せっかく割安な家賃で物件を選んでも、ガス代が高くて後悔することになりかねません。

ただ誤解してはいけないのが、すべてのアパートでLPガス料金が高いわけではありません。中には新築時の工事費をオーナー側で負担している物件もあるでしょうし、LPガス料金が安価に設定されているアパートもあるかと思います。そのあたりは、不動産屋さんに聞いてみるのが手っ取り早いと思います。

 

ガス代を節約するコツ

  • ガス代(給湯)の節約
  • 光熱費の節約
  • ガス代(ガスコンロ)の節約

さて、ここからはガス代を節約するコツを紹介します。ここでは多くの家庭 で利用されている給湯・風呂・コンロの用途について節約法をお伝えします。

<給湯編>

  • お湯を使わない
    →極論ですが間違いない。洗い物などはゴム手袋着用で、できるだけ水で洗い流しましょう。また、水を貯めて漬け置くのも有効です。
  • 使用用途に応じて給湯温度を下げる
    →お風呂は42℃、洗い物は38℃のようにメリハリをつけましょう。

<風呂編>

  • お湯はり後、連続でお風呂に入る
    →お湯はり後は熱がどんどん奪われます。短時間に家族全員がお風呂を利用することで追い焚きの回数を減らすことができます。また、若い人は浴槽に浸からない方も多いはず。浴槽を利用される方から先にお風呂を利用して『ふろ自動』ボタンを早くオフにするのも手です。
  • 風呂フタをこまめに使用する
    →風呂フタを使用することで湯温の低下を遅らせます。
  • エコモードを使用する
    →最近の給湯器のリモコンにはエコスイッチが付いているものがあります。このスイッチをオンにすると自動で省エネ運転を行ってくれます。

<コンロ編>

ガス会社を変更するという節約法

ガスの自由化で価格競争が激化している今、ガス会社の変更はある意味一番の節約の近道です。

LPガスの場合

―適正価格を知り、LPガス会社と交渉するか他のLPガス会社へ切り替えることができます。

一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

もし都市ガス事業者の供給エリアなら、都市ガスに切り替えてしまうのも手です。その場合ガス機器はLPガス仕様から都市ガス仕様に改造すれことでそのまま利用することができ、初期費用を抑えられます。都市ガス会社によっては各種キャンペーンを行っている場合もあるため、気軽に問い合わせてみましょう。

東京ガスHP(新しく都市ガスに切替)

都市ガスの場合

お住まいのエリアによって切り替えられる事業者は異なります。まずはこちらのサイトで料金比較をしてみましょう。

価格.com 電気・ガス料金

 

まとめ

ガス代の節約は日々の積み重ねが数字になって表れるので取り組み甲斐がありますよね。最近のガスメーターは、ガスメーター以降で多量にガスが漏れていれば自動でガスを止めてくれる機能があります。今月ガス代が高いな、と思った際にはその多くが使い過ぎによるものです。この記事で紹介した内容を参考に、上手にガス代を節約していきましょう。

 

文/岡田 福丸(エネルギー管理士)  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

岡田 福丸(おかだ ふくまる)

所属地方都市ガス事業者(ガス会社)
資格甲種ガス主任技術者、エネルギー管理士(熱)
専門エネルギー、コージェネ、空調、ガス機器・住宅設備機器全般

2006年に地方国立理系大学卒業(学士)後、地方都市ガス事業者へ入社。
「家庭用ガス器具・温水暖房システム・住設機器の販売」、「業務用・産業用のお客様へ補助金を活用した都市ガスへの燃料転換や機器更新」、「空調設備(GHP)の提案」などを担当。
「経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援補助金(燃転補助金・省エネ補助金)」をはじめ、多くの補助金獲得の実績もある。

ガス会社にて家庭用、産業用問わずガス機器を取り扱ってきた上、ガス機器と同じくらい電化製品についても知識を習得し、その経験を活かし有益な情報を提供できればと考えています。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-エネルギー, 生活の知恵
-, , , ,

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.