換気設備

お部屋の換気に5つのメリット!効果的な換気方法とその必要性とは

戸建て、マンションの換気とは

今お住まいのお家の「換気」、意識されていますか?

お部屋の換気を「する」と「しない」では、効果やメリットに大きく差が出ます。

  • 換気とは具体的に何をしているのか?
  • 効率的な換気方法は?
  • 換気の必要性は?

家の中の空気を外の新鮮な空気と入れ替える換気は、皆さんが思う以上に住宅にとって大切なメンテナンスです。

今から知って、賢くお得に生活しましょう。

 

換気をこまめにする5つのメリットと必要性

部屋の換気

多くの人は、漠然と空気の入れ替えはしたほうがよいと思われていますが、「換気」の意味を全て理解している人は少ないです。

家の空気を入れ替えることには、どんなメリット(必要性)があるのでしょうか。

家のために、そして健康のためにも、5つのポイントを知っておきましょう。

 

☆二酸化炭素、一酸化炭素の除去と酸素の供給

人の呼吸によって室内の二酸化炭素は増加します。

またガス器具などの不完全燃焼で発生する一酸化炭素は有害物質です。

これらを除去し、新しい酸素を入れることが換気の最重要事項といえるでしょう。

 

☆臭いの除去

日常生活で「空気を入れ替えたい!」と思う要因はこれでしょう。

香りの強い料理を食べた後や、有機溶剤などを使った作業をするとき。

部屋干しの匂いが気になるときもありますね。

臭いを広げないためには、素早く、ピンポイントでの換気が必要です。

 

☆湿気の除去

部屋の壁やクローゼットの衣服にカビを見つけたときのガッカリ感は大きいですよね。

これは部屋にたまった湿気のせい。

換気で外の乾いた空気と交換すれば、被害を減らすことができます。

とはいえ、人が常に湿気を察知して動くのは難しいので、換気行為を習慣にしてしまいましょう。

特に浴室の換気扇は基本的に常時運転させることをおすすめします。

 

☆チリ、ホコリ、有害物質の除去

窓を開けると埃が入ってきそうなイメージがありますね。

ところが窓を開けなくても人体や衣服から汚れは発生します。

タバコの煙も健康被害をもたらしますし、一部の家具からは「シックハウス症候群」のもとになる有害物質が発生するおそれもあります。

部屋を閉め切っていると、こうした汚れや有害物質はたまったままです。

部屋に風を通すことはこれを除去する役目があります。

 

☆室温の調整

春や秋はもちろん、夏も自然の風だけで過ごせる日がありますね。

そんなときは換気と節電のチャンス。

冷暖房機器よりも換気機器の方が運転に必要な電力は小さいのです。

このように、換気をすることで得られる効果はたくさんあるのです。

 

住宅の換気のしくみ

空気の流れ

換気とは、室内の汚れた空気を外に出し、外の新鮮な空気を代わりに取り込むことです。

そのために様々な方法や機器が存在します。

まず、空気を動かす方法は2つあります。

  1. 窓や換気口などの開口から空気が自然に出入りすることを用いた「自然換気」
  2. 換気扇などの機械で空気を動かす「機械換気」

機械換気の方法や種類について詳しく知りたい方は、下記のメーカーサイトをご参照ください。

 

昔の家は自然の風を部屋に通す工夫がされていましたが、現代の住宅ではより確実な機械換気が法令で義務付けられるようになっています。

 

換気機器の上手な使い方

住宅には排気用の換気機器が設けられています。

換気設備

換気扇

大抵は、台所のコンロと、トイレ・洗面室・浴室にある換気扇です。これらをうまく使うコツを押さえましょう。

まず運転のタイミングですが、24時間換気といってどこかは常時運転させるのが基本です。

常に臭いや湿気を追い出しておきたいトイレ・浴室は常時運転が望ましいでしょう。

ここを動かしておけば家の中の空気が絶えず動いていることになります。

台所の換気扇は必要に応じて使いますが、流せる空気の量が多いことが特徴です。

コンロ使用時の換気は安全上必要なことですよね。

このときリビングなど隣り合う部屋の窓を開ければ、台所だけでなく部屋の換気ができてしまいます。

つまり台所の換気扇は、調理時だけでなく、リビングなどの空気を一気に早く入れ替えたいときも活用できるのです。

 

空気の通り道を作ろう

機器を使うタイミングの他にも抑えたいポイントは、給気口の位置です。

給気口とは外の空気を取り込む場所のことで、開けた窓や、ガラリ(写真参照)、または給気用換気扇などのことです。

給気口(MAX)

出典:MAX

換気扇を動かすときにどの窓・ガラリを開けるかで空気の流れるルートが決まります。

ルートが短いほど障害が少なく、効率よく空気が流れます。

また、換気扇から空気が排出される排気口がどこにあるかも注意が必要です。

排気口の近くの窓を開けて換気をしようとしても、部屋から出した空気が再び入ってきてしまいます。これをショートサーキットといいます。

部屋の空気をまんべんなく入れ替えたいときには、換気扇から離れた位置の窓を開けた方がよいのです。

部屋から換気扇までの間にドアやカーテンなどがあると空気の流れを妨げてしまうので、それらを開けるとより効果的です。

しかし台所や浴室などを局所的に素早く換気したいときは、換気扇に近い窓を開けると空気が流れやすくなりますし、リビングなど他の部屋に外気を通さず、室温に影響を与えないため、冷暖房効率が高まります。

このようにTPOにあわせて給気をどこから取るかを考えれば、効率のよい換気ができるでしょう。

 

換気設備の導入・交換のタイミングは?

浴室 換気設備

見逃せないのが、機器のメンテナンスと適切な交換です。

機器本体の汚れやフィルターの目詰まりは換気効率に大きく影響します。

効率が落ちれば機器の運転に必要な電力が増え、電気代もかさんできますので、見直しを忘れないでおきたいものです。

機器の使い方や使用頻度にもよりますが、換気機器は10年程度を目安に点検をするのがよいと言われます。

特に浴室換気扇に暖房や乾燥機能があり、2009年4月1日以降に製造販売された製品である場合は、10年に1度の点検が義務となります。

これは経済産業省により「長期使用製品安全点検制度」で決められています。

参考資料

 

さて、費用を抑えるためにメンテナンスをDIYでおこなうことは可能でしょうか?

答えはNOです。

換気扇の交換工事や修理は、電気工事士免許をもった人が行う必要があります

修理や交換の依頼は、住宅の管理会社や近隣のリフォーム業者などですが、適切なところがわからなければ機器のメーカーの相談室に連絡をしてもよいでしょう。

自己流で作業しようとせず、まずはプロに相談です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中谷 花織(なかたに かおり)

  • 保有資格:一級建築士、消防設備士甲種1類
  • 専門分野:衛生・空調設備
早稲田大学卒業後、ゼネコン設計部に入社。工場施設、学校施設などの衛生空調設備の設計業務を行う。現在は、建築や空調関係のコラム執筆などを行っている。
住宅や建物は、暮らしに密接に関わるわりに知らないことも多い存在かと思います。身近な疑問を皆さんにわかりやすくお伝えしたいです。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-換気設備
-, ,

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.