キッチン 照明器具

【キッチンの照明 選び方のポイント】トレンドをおさえた空間づくり

キッチン,照明,ライト

住宅照明について考える時、ダイニングやリビング、玄関周りに予算をかけて、どうしてもキッチンは後回しになりがちです。また、選び方で悩む人も多いことでしょう。

でも、キッチンで過ごす時間は一日の内結構長いもの。

おしゃれで素敵な空間づくりを目指して、こだわりの照明を選んでみませんか。

 

キッチン全体を照らすあかり - ベースライト、ダウンライト

まず、キッチン照明には、キッチン全体を照らすあかりと、作業の手元を照らすあかり、2種類が必要です。キッチン全体を照らすあかりには、ベースライト、ダウンライトがお勧めです。

 

ベースライト

キッチン 照明器具 ベースライト

シーリングライトと呼ばれる、一般的な照明器具です。キッチンの形状に合わせて細長い形のものが主流です。

ほかに埋め込みタイプのものもあります。

 

ダウンライト

キッチン 照明 ダウンライト

天井に穴を開けて、埋め込むタイプのあかりです。通常は丸型、ほかに角型などがあります。

光の広がり方も、全体を照らす拡散型と、スポットライトのように光を集めて照らす集光型があります。

 

キッチン手元を照らすあかり - シーリングライト、ダウンライト、ペンダントライト、スポットライト

キッチンの照明は、種類は主に4つに分類されます。

照明器具の種類を紹介

順番に特徴とポイントを紹介します。

 

シーリングライト

一般的に手元灯と呼ばれる器具です。対面キッチンの棚下や、独立したキッチンのシンクの壁面に取り付けます。カラーは作業に適した昼白色が主流です。センサー付のものもあります。

 

 

ダウンライト

作業をする手元のあかりは、集光型のダウンライトがお勧めです。ほかに光の角度を変えられるダウンライトや、光色をさわやかな青白い光の昼白色から、温かみのあるオレンジ色の電球色へ変えることができる器具もあります。

 

 

ペンダントライト

オープンキッチン ペンダントライト

主にオープンキッチンでお勧めなのがペンダントライトです。キッチンのカラーやダイニングのインテリアに合わせて選びます。

天井に直に取り付けたり、ダクトレールを使うと、ペンダントライトの位置や数を変えたり、他の照明に取り換えが簡単にできお勧めです。

汚れが付きにくい加工をした器具もあります。

 

 

スポットライト

キッチン スポットライト

カフェやレストランなど、おしゃれな飲食店でよく見かけるのがスポットライトです。

カラーは主にブラック、ホワイト、シルバーなどがあります。

光の照らし方も拡散型、集光型と選べますが、手元のあかりには集光型がお勧めです。

 

 

インテリアに合わせてキッチン照明を選ぼう

キッチンも、ダイニングやリビングとイメージを合わせて照明を選びましょう。特にオーブンキッチンや対面式キッチンでは空間に一体感が出るので、こだわりたいポイントです。

 

ナチュラル

ダイニング 照明 ナチュラル

自然を感じられる、木の持つ温もりに癒されるインテリア空間です。人気の北欧スタイルにもよく合います。

ナラやサクラなどの無垢材の床に合わせて、ベースはシーリングやダウンライト、オープンキッチンでしたら、手元はガラスのペンダントやスポットライトなど2~3灯配置すると、素敵なアクセントになります。

また、ダイニングに大振りの照明を付ける場合、キッチンはダウンライトでシンプルにまとめてもおしゃれです。

 

 

ジャパニーズモダン

照明器具 キッチン モダン

和の要素を取り入れた、シックで洗練されたスタイルが人気です。古民家風の梁や天井、床にダークカラーを取り入れた空間は、落着きと格調、癒しを感じることができます。

キッチンがオープンの場合は、「和」をさり気なく感じさせる照明がお勧め。ベースに角型のダウンライト、シーリング、手元はブラックのスポットライト、ペンダントなら陶器やガラス、カラーは乳白色やブラック系、シルバーなどがお勧めです。

 

 

スタイリッシュモダン

キッチン ライト スタイリッシュ

シンプルを極めた上質な空間です。

キッチンもそれに合わせて、極力主張しない器具選びが大切。

間接照明を設置したい場合は、建築図面の段階から設計者やインテリアコーディネーターと、入念な打ち合わせが必要です。

ダウンライトは埋め込み穴口径の小さい、上質なつくりの器具がお勧めです。最近のダウンライトは「穴」を感じさせない、シームレスなデザインのものもあります。

スタイリッシュモダンで気をつけたいのが、手元のあかりです。作業するための明るさはしっかり確保しましょう。ダウンライト集光型、空間に馴染ませるために、光色を切り替えできる器具がお勧めです。

 

 

カジュアル

ダイニング 照明 カジュアル

親しみやすい気軽さと、明るさが特徴のデザインです。ファミリー向け、できるだけ予算を押さえたい場合に、特にお勧めのインテリアです。

ダウンライトは価格帯に幅があり、安価な器具が選べます。ベースはダウンライトでまとめるとよいでしょう。

オープンキッチンなどで、手元のあかりに何か付けたい場合は、ダクトレールを設置しておくのがお勧め。雑貨店やホームセンターなどでお気に入りの照明を探し、取り付けることができます。

 

 

ヴィンテージ

おしゃれ キッチンの照明器具

ヴィンテージの雰囲気を大切にした、個性的なインテリアが特徴です。こなれた革のソファ、デザイナーズチェアなどがよく合います。

部屋にバイクや自転車など、趣味のものを展示したり、落ち着いた中にも、遊び心やこだわりが感じられる空間に仕上げることができます。

キッチンがオープンの場合は、ベースや手元のあかりは個性的な空間に主張しない、口径の小さいダウンライトがお勧めです。

配置の仕方は2灯ずつ寄せて4灯など、遊び心を持たせても。手元にブラックのスポットライトでもおしゃれにきまります。

 

 

モダンクラシック

キッチン 照明 高級感

格調の高い、ラグジュアリーな空間です。

洗練されたシャンデリア、レザーや布張りの落ち着いたデザインのソファ、床は大理石、壁はシックなタイル張りなどがよく合います。

キッチンも全体のインテリアに合わせて、上質な器具を選びましょう。

ベースは口径の小さいダウンライト、手元にペンダントを付ける場合は、カットの美しいガラス素材のものを2~3灯、または、細長い大振りなシャンデリアタイプの器具1灯を配置しても、空間が引き立ちます。

 

 

フレンチシック

キッチン 照明 シック

フランス映画や雑誌などで見かける、女性の憧れのインテリアです。

南欧風とも呼ばれています。アイアンやガラス素材を使い、可愛らしく温かみのある空間に仕上げることができます。

キッチンのベースはシーリングタイプ、ダウンライトどちらでも。オープンキッチンの場合、手元灯にはペンダントがお勧めです。

ガラス素材でお花のイメージの器具や、ブラックのアイアンの飾りが付いた照明がよく合います。器具に主張があるので、2灯配置くらいに抑えるのがお勧めです。

 

まとめ

オープンキッチンが多くなった現代の住まい。家族が一緒に料理を作ったり、シンク周りで軽くお茶をしたりと、女性だけでなく男性や子供たちにも、キッチンは身近な空間です。インテリアに合わせて、照明にもこだわりたいですね。

 


 

施工例出典:大光電気株式会社 https://www.lighting-daiko.co.jp/

大光電気株式会社「あかりのショールーム」:https://www2.lighting-daiko.co.jp/showroom/

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

山崎 直美

インテリアコーディネーター、華道師範、ライティングプランナー

東京生まれ、信州育ち。
専門分野は照明。ライティングプランナーとして、約8年間、大手メーカーの照明計画を請け負う。手掛けたプランは商業施設や一般住宅など多数。
趣味は北欧食器や多肉植物収集、テーブルコーディネート。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-キッチン, 照明器具
-, , ,

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.