ガス給湯器 エラーコード ノーリツ パロマ パーパス リンナイ

リモコンに【710】表示 - 給湯器 エラーコード 710|プロが徹底的に調査・分析

執筆者|千田 哲耶:給湯器アドバイザー/LITH編集長

給湯器のリモコンに表示する「エラー 710」とは、燃焼制御回路や電装基板などの異常をお知らせするエラーコードです。ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスなどでエラー内容の表現は異なりますが、いずれも給湯器が作動しない状態です。

710のエラー内容【メーカー別】

NORITZ
燃焼制御回路、ガス電磁弁駆動回路ON/OFF故障
Rinnai
電子ユニット異常、ふろポンプ回路異常
Paloma
元リレー回路異常
PURPOSE
ガス電磁弁駆動回路異常、他

その他のブランド

大阪ガスや東京ガス、長府製作所、ナショナル、TOTO、タカラスタンダード、リクシルなどの給湯器でも発生する可能性があります。

 

エラー710は自分で直せますか?
お湯が出ないので困ります!

回答

おそらくメーカーやガス会社、修理業者に問い合わせをしても、「修理が必要」と言われるでしょう。ですが、私(筆者)の個人的感覚としては、「故障の可能性はかなり高い」が、使用年数によっては「一時的なシステムエラーも中にはあるのではないか?」「改善する場合もあるのではないか?」と感じています。ここでは様々な調査や分析も踏まえて紹介したいと思います。

同じ「710」の表示でも、発生の状況(原因)は様々です。使用年数なども考慮し、各ご家庭に適した対処をしていくことをおすすめします。

エラーコード「710」で考えられる状況/可能性

  • 1.電装基板や回路故障など
  • 2.経年劣化による故障や不調(寿命、あるいはその前兆)
  • 3.一時的なシステムエラー(使用年数が長い場合)
  • 4.一時的なシステムエラー(使用年数が短い場合)

利用者の声や調査をする上で、実使用面においては、3や4の場合はエラーリセットをすることで一時的に復活する可能性もあります。ですが、安全面を配慮したメーカー目線で回答するならば、「1~3の場合は点検・修理が必要」という答えになります。4の場合は状況をヒアリングした上で、各メーカーがアドバイスをする形になると考えます。

いずれにしても、まずは応急対応として「エラーリセット」を試してみましょう。

 

そして、ここからは全て筆者の個人的見解と調査・分析結果の紹介になりますが、
特にノーリツ製の給湯器でエラー「710」が発生している場合、一時的なシステムエラーも一定数あるのではないか?と推測しています。
あくまでも参考レベルですが紹介します。

ガス給湯器利用者の「710」の声

給湯器 エラーコード 710」は、筆者の感覚ではお困りの声の多さが上位TOP10に入るエラーコードです。

 

直ったという声もある

他にも「エラーが消えた」「朝はお湯が出ないが、午後には改善された」などの声があります。その後エラーが出ていなければ、一時的なシステムエラーやバグであった可能性もあります。ですが、完全に解決されたのか?一時的な復活だったのか?は定かではありません。

 

困っている人の9割近くは「ノーリツ製」?

実はノーリツ以外のガス給湯器ユーザーさんからは「710エラーでお湯が出ない」などの声はあまり聞こえてきません。パロマやパーパスはシェアが低いので当然かもしれませんが、ノーリツと1、2位を争うリンナイユーザーさんの声も少なめです。

エラー710の声を調査・分析(参考)

調査1)【給湯器 710】Twitterの声

給湯器のエラー「710」に関するTwitterの生の声を吸い上げてまとめてみました。

ポイントは、「気温が上がっていく季節(3月~8月)」と「気温が下がっていく季節(9月~2月)」で区分けしています。

年/月 3月~8月 9月~2月
2016 1 3
2017 0 7
2018 0 18
2019 1
計(※) 2 28+?

※計30件(情報共有6件含む)|リンナイ1件、ノーリツ15件、TOTO(ノーリツ)1件、メーカー不明13件

考察

  • Twitterでは、全体の90%以上が「気温が下がっていく季節(9月~2月)」に投稿が多い
  • メーカー不明を除くと、約90%が「ノーリツ製の給湯器」で困っている
  • 長期間使用(10~15年)による「710」表示で、諦めて買い替え検討する方も目立つ

 

調査2)ネット検索 / 検索ワードによる声

Twitterでは、ノーリツユーザーが目立っていただけの可能性も考え、次は筆者がマーケティングで利用している有料ツールにて「ノーリツ」と「リンナイ」のトップ2社の『710を含む検索ボリューム』を検証しました。

リンナイ

メーカー 検索条件
Rinnai 「リンナイ 710」を含む複合ワード
  • 検索数:約820件/年
  • 気温が下がっていく9月~2月の割合:約64%

2018年9月~2019年2月リンナイ 710(9月~2月)

2019年3月~2019年8月リンナイ 710(3月~8月)

リンナイの場合、気温が下がっていく季節に検索が増える傾向にはありますが、給湯器の故障は「710」に限らず寒い季節が多いので、年間を通して自然な検索割合という印象です。

 

ノーリツ

メーカー 検索条件
NORITZ 「ノーリツ 710」含む複合ワード
  • 検索数:約10,540件/年
  • 気温が下がっていく9月~2月の割合:約86%

2018年9月~2019年2月ノーリツ 710(9月~2月)

2019年3月~2019年8月ノーリツ 710(3月~8月)

ノーリツ給湯器の場合、「710」に関しては「リンナイの10倍以上」の検索をされていることがわかりました。特に気温が大きく下がる(寒暖の差が激しい)9月~12月の4ヶ月だけでみても、年間検索の約70%を占めており、この季節を中心にノーリツユーザーさんが「710」情報を求めていることがわかります。

 

調査3)筆者の個人サイトでの検証(訪問動向)

筆者個人運営のガス器具サイトには、ノーリツやリンナイを含む「給湯器 エラー 710」の情報を求めたユーザーさんが、1年間(2018年9月15日~2019年9月14日)で多数訪問・閲覧されており、以下はその訪問者数の推移(Googleアナリティクス分析)です。

調査1、2のTwitterやネット検索動向と類似しており、9月~2月の寒くなる時期にかけて山が飛び出ている状況で、訪問者の大半は「ノーリツの給湯器」が目的でした。

2018年9月中旬~2019年3月中旬アナリティクス(給湯器 エラー 710)9月中旬~3月中旬

2018年3月中旬~2019年9月中旬アナリティクス(給湯器 エラー 710)3月中旬~9月中旬

3月~8月頃は、訪問者も非常に少なく推移しますが、9月中旬になって気温が下がりはじめると検索訪問が増え始めたことがわかります。

調査・分析から見えたこと

ノーリツ 給湯器」において、寒い季節に「710」が発生しやすいのは検索ボリュームを見れば明らかですが、1年間を通して「日単位」で細かく分析をしていると、もう一つ気づいたことがあります。

 

寒暖差が激しいときに発生しやすい?

ただ寒い日に「710」が発生するというよりは、「気温の寒暖差が激しい(急に大きく気温が下がる)タイミング」で訪問数が増える傾向にありました。もちろん一概には言えませんが、平均的に温かい季節でも「数日だけ急に寒くなったりする」と訪問者が増える(グラフに山ができる)ケースが何度もありました。

類似例として「朝はお湯が出ない、昼に復活する」という内容がTwitterの声にもありました。推測できるのは「急に冷え込んだ朝はエラーが出て、暖かくなったお昼に復活した」ことが考えられます。

 

【エラー710】は本当に全て故障なのか?

「710」に関する声が圧倒的に多いノーリツの給湯器ですが、仮に筆者のサイト訪問者が全てが故障だった場合、さすがに多すぎる気がします。点火不良の「エラー 111」が雨の日に一時的に発生しやすいのと同じように、「710」は急激に冷え込んだりしたときに一時的に発生している(システムエラー)だけのケースもあるのではないか?と思ってしまいます。

使用年数が長い方へ

これは私の勝手な憶測ですが、複合要因(〇〇+温度低下)で「710」が発生しているケースも多いのではと考えます。例えば、元々何らかの不調(〇〇)を抱えながら動いていた給湯器が「急な寒暖差」で一気に体調を崩して「710」で悲鳴を上げたという感じです。

ですが、「体調を一時的に持ち直してエラーが消える給湯器」もあれば「そのまま力尽きて故障する給湯器」もあると考えます。さすがに気温が寒いだけ「710」は出ないはずなので、他の不調が隠れていると考えるべきでしょう。ただ、不調を抱えている場合は他のメーカーよりは敏感なのかもしれません。

この考え方であれば、使用年数が長い給湯器であれば可能性は十分考えられますので、「使用年数が長い+710エラー」は、仮に一時的に復活しても、経年劣化や寿命の前兆を疑って、メーカーに相談すべきと考えます。

使用年数が短い方へ

基本仕様において、故障以外で「710」が出ることはないはずです。ですが、使用年数が短い場合はいくら寒くなっても簡単に故障するものではありません。考えられるとすれば、機械設備には少なからず発生する「単発的な故障」か「一時的なシステムエラー」と考えてよいと思います。

故障の場合は、「数年での故障は早すぎるよ!」と思われるのが普通です。

そこで、知っている人はかなり少ないのですが、電装基板などの主要部品は機器よりも保証年数が長く設定されている場合があるので、取扱説明書(保証書)を確認して、各部品の保証年数を確認してみましょう。そしてメーカーに無償(無料)で直せるかどうかを相談してみましょう。

また、エラーリセットでエラーが消えて使用できるようになった場合(システムエラーの可能性)は、そのまま様子見と言いたいところですが、安全最優先と再発のリスクも考えてとりあえずはメーカーなどのコールセンターに相談だけはしておきましょう。そこでアドバイザーが様子見でOKと言えば、そのまま使用可能ですし、再発したときも慌てずに対応できるようになります。

 

さいごに一言アドバイス

エラーコード「710」がリモコンに表示した場合は、どのような状況であっても、必ずメーカーなどに相談の電話を入れてください。ただし、詳細不明で「エラー710が出た!」だけ伝えると、「点検・修理が必要です」「電装基板交換が必要かもしれません」という回答になってしまいます。

ですが、使用年数やエラーリセット状況、その日の天候や設置環境など情報量が多ければ多いほど、何らかの解決策が出てくる可能性もあります。今回の「エラー710」に限らず「エラーコード=100%故障」とは言い切れませんので、できるだけ細かく伝えて、最善の解決につなげてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

千田 哲耶(TETSUYA SENDA)

職種/所属:ガス機器/住宅設備アドバイザー、WEBライター/編集者/デザイナー、LITH編集長、ケアラ・ジャパン代表

専門分野:キッチン/浴室設備、ガス器具全般(給湯器/ガスコンロ/浴室乾燥機など)、燃料電池、エネルギー(電気/ガス)、IOT、住宅設備マーケティング


大手ガス器具メーカーに13年間在籍し、本社・営業・開発・品質・工場・関連会社を含む「商品に関わる全部門」の技術統括窓口、さらにはアフターサービス(修理/点検/サービスマン教育/コールセンター)部門の技術アドバイザー、ショールームアドバイザーまで経験してきた商品知識と技術/現場のスペシャリスト。
大手都市ガス会社やキッチンメーカーなどのOEM開発にも携わる他、電気/ガスの自由化にも深く関わるなど、住宅設備~エネルギー業界にも精通しており、現在は独立して商品や業界マーケテイングにも力を入れている。
メーカー/ガス会社/キッチンメーカー仕様も含め、2018年までの技術問い合わせ対応件数は、約30,000件以上となる。


プロフィール詳細はこちら

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-ガス給湯器 エラーコード, ノーリツ, パロマ, パーパス, リンナイ
-

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.