生活の知恵

洗濯物のいや~な臭い!脱「7つのNG洗濯」と生乾き防止の「干し方&乾燥テク」

洗濯物が臭い、臭う

キレイに洗った洗濯物を「スッキリ外に干せる日」は意外と少ないですよね。雨、梅雨、花粉、PM2.5…。そもそも共働き世帯は日中に干せる日は少ないし、干せても雨の日や冬場はなかなか乾かない…

それでも晴れ間を見計らって一気に洗濯したものの、きちんと洗ったはずなのにうっすらと香るあの独特のニオイ…。そう、生乾き臭やカビ臭。本当にイヤですよね。他の人にも臭いが伝わるのではないかと気になったり…。
こうしたザンネンな気分にならないように、家でできる簡単な「洗濯~部屋干しテクニック」や「便利アイテムを使った乾燥方法」を教えちゃいます!

 

あの独特のニオイの原因はなに?

洗濯物の臭いの原因とは

原因は、カビ菌や生乾き菌といわれる「細菌」

あのいや〜な洗濯物臭いの原因は、カビ菌や生乾き菌といわれる「細菌」。

繊維についたタンパク質や皮脂汚れから「細菌」が繁殖する際にニオイを放っています。でも、この細菌、私たちの洗濯スタイルが原因で発生していることも多いようです。

洗濯スタイルを変えるだけで、梅雨の季節の洗濯が快適に変わるかも? まずは、あなたの洗濯スタイルをチェックしてみましょう。

 

あなたの洗濯スタイルは大丈夫? 7つの NGアクションと改善方法

汚れた衣服を洗濯機の中で保管している

脱いだ衣類を洗濯機に放置はNG

洗濯機を洗濯カゴのように使っていませんか?

洗濯物を溜め込んでいる間にカビや雑菌は増殖してしまい、それが臭いの原因になることも。

汚れた衣服は通気性の良いカゴなどに保管するのが理想です。「そんなスペースないよ」という方は洗濯機に保管するにしても蓋を開け、日をおかずこまめに洗濯するようにしましょう。

洗濯した後、脱水した洗濯物をそのまま放置することがある

洗濯した洗濯物を入れたままはNG

脱水後の放置はご法度! ニオイの原因に

濡れた洗濯物を洗濯機の中に放置していませんか?

それこそが臭いの元凶。雑菌の繁殖による臭いの定着だけでなく、衣類のシワや縮み、カビなどのトラブルにつながります。なによりも不衛生ですよね。

夏は1時間以内、冬は2時間以内に干すようにしましょう。

洗濯槽や糸くずフィルターを掃除、ケアしていない

洗濯槽の掃除をしないのは臭いの原因に

外槽にカビが繁殖している可能性も。

みなさんはどのくらいの頻度で洗濯機のケアをしていますか?

見た目はきれいな洗濯槽ですが、外槽といわれる見えない部分に汚れがたまっているケースがあります。使用頻度にもよりますが、1〜2カ月に1回は洗濯槽のお掃除をしたいものです。

また、雑菌の温床でもある糸くずフィルターは、洗濯のたびにゴミを捨てましょう。

一度に大量の汚れ物を洗う習慣がある

洗濯物の量が多すぎるのはNG

詰め込み過ぎは、洗濯機の機能を発揮できない

みなさんの洗濯機の容量はどのくらいですか?

例えば2~3人世帯で5〜7kgといったように洗濯機には適正な容量があり、洗濯機に洗える容量が記載されています。まずは自分の洗濯機の容量の把握を。そして、その容量以上に洗濯物を詰め込んで運転することは避けましょう。

詰め込みすぎると、水の流れが発生せず洗濯機の機能を存分に発揮できません。理想は、規定の7割程度。同じく洗濯ネットへの詰め混みすぎもご注意を。

洗剤の量は多ければ、多いほどいいと思っている

洗剤の入れ過ぎに注意

洗剤は適量を。水道代と洗剤の無駄になります。

ついつい多めに洗剤を入れていませんか?

洗剤の量を多く入れれば、汚れが落ちるわけではありません。かえって、泡切れやすすぎが悪くなり、洗剤の溶け残りが衣服や洗濯槽にこびりつくケースもあります。なによりも、水道代と洗剤の無駄になるので、適正な量を使いましょう。

干すときは、隙間なく吊るしてしまっている

洗濯物の干し方が臭いの原因に

隙間なくびっしりと洗濯物を干してはいませんか?

上手に乾かす最大のポイントは、洗濯物周辺の風通しを良くすること。洗濯物が隙間なく吊るされていると、それぞれの洗濯物に風が行きわたらず、蒸れた空気が滞留して、乾きにくくなります。

室内干しによるニオイの原因はまさにこうした干し方による原因が多くなっています。

吊るす順番を考えないで、吊るしている

洗濯物を早く乾かす干し方

漫然と洗濯物を干していませんか?

効率的に乾かすには、吊るす位置も重要なポイント。ピンパンチハンガーに干すときは、真ん中にタオルなどの丈の長いものを干し、端にいくほど靴下などの小さいものを干す「V字」スタイルがオススメです。

まんべんなく風が行きわたり、より早く乾燥しますよ。

 

扇風機とエアコンを使ったダブル乾燥で時間を節約

部屋干しで洗濯物を早く乾かす方法

部屋干しで速乾性を高めつつ、生乾き臭をなくすには、扇風機とエアコンのダブル使いが効果的。

まず、エアコンをドライ設定にして部屋の湿度を下げます。エアコンの風が当たる位置に洗濯物を吊るし、洗濯物をサンドイッチする位置に扇風機を置きます。エアコンと扇風機の風が交差して、滞留した部屋の空気を攪拌することができます。扇風機は「弱」の首振り機能にしておくと、時間短縮で乾燥することができます。

 

我が家のバスルームがランドリー室に?!

天井設置式天カセ浴室暖房乾燥機

壁掛け設置式壁掛け浴室暖房乾燥機

新三種の神器である「浴室暖房乾燥機」。最近では、マンションや一般住宅にも標準装備されていることも多いようです。電気式とガス式がありますが、スピード乾燥を狙うならガス式が断然オススメ。しかも、「暖房機能」、「乾燥機能」、「涼風機能」、「換気機能」が1台にすべて搭載されているからおトク感満載! ハイグレード機ならミスト機能もついているので、なんと1台5役。なんてお利口さんなんでしょう!

その中でも、雨の日のオススメは「乾燥機能」を使った洗濯物のお風呂干し。
ランドリーパイプを使って、洗濯物を吊るして、スイッチオン。自宅のバスルームがランドリー室に早変わり! 「浴室暖房乾燥機」の魅力をや人気の理由をもうすこし深掘りしてみましょう。

 

季節やお天気を気にせず、洗濯物を干せる

洗濯物と天候

雨の日、曇りの日、寒い日でも、「洗濯物、大丈夫かしら?」といった悩みは無用。

なによりも時間を気にせず干せるのがうれしい!取り込むタイミングを気にしないストレスフリーが人気の理由のようです。

排気ガスや花粉、砂埃などで洗濯物が汚れない

洗濯物のカビや細菌を防ぐ

場所によっては、いろんな菌がいっぱい

洗濯物を干す場所によっては、いろんな菌も気になりますし、他にもさまざまな問題があります。

例えば、幹線道路に面したベランダの場合、車から出る排気ガスが洗濯物を汚してしまったり、PM2.5や春先の花粉など、外干しによる影響はさまざま。

場所によっては、洗濯物が丸見えだったり、マンションの外観規制で洗濯物を干せなかったり、、。「もう、いったいどこに干したらよいのやら??」と思う方は、浴室暖房乾燥機を使ったお風呂干しがオススメ。後付け工事もできるので、古い住宅でも大丈夫です。

約65分で洗濯物を乾燥!

では、その浴室暖房乾燥機、どのくらいのスピードで、どのくらいの容量を乾燥できるのでしょう? ランドリーパイプの数や浴室の広さによっても異なりますが、目安としては約65分で衣類2キロ分を乾燥できます。
「衣類2キロ分ってどのくらい?」と考える 方も多いと思うので、その目安をまとめてみると、、、
バスタオル2枚、タオル1枚、パンツ2枚、シャツ2枚、大人用パジャマ上下2セット、くつ下2足、スリップ3枚、ショーツ1枚分が2kgといったボリューム。
ランドリーパイプに吊るすハンガーの本数でいうと8本から12本分になります。

浴室暖房乾燥機で乾かす洗濯物の目安

「もっと乾燥したい!」と思う方は、ランドリーパイプの数を増やせば倍の4キロ程度を干せますが、乾燥時間も2時間10分から3時間程度かかることを考慮しましょう。

 

根強いファンから圧倒的な支持! ガス衣類乾燥機「乾太くん」が人気の理由

ガス衣類乾燥機「乾太くん」

洗濯物を乾燥するための最強の手段は、なんといってもガス衣類乾燥機でしょう。発売以来根強いファンから圧倒的に支持されている ガス衣類乾燥機。

利用者の声を聞いてみると、「スピード乾燥! 家事を大幅に時短できる」「想像以上にふんわり、やわらか」「花粉や細菌の心配がない」「コスパがいい」「高温で除菌できるから、安心」などその声はいろいろ。

根強い人気がある「ガス衣類乾燥機」の魅力についてもう少し詳しくご紹介しましょう。

約52分で洗濯物を乾燥!

ガス衣類乾燥機の容量は、3キロタイプ、5キロタイプ、8キロタイプとさまざま。乾燥時間は、5キロタイプなら約52分。さすが、ガスのパワーだからこそできるスピード乾燥!

リンナイ調べ

5キロタイプ、8キロタイプならシーツや毛布も乾かせるので、億劫だった大物洗いも気楽にこなすことができます。これまでシーツを干す時は、物干し竿 に背伸びをするように手を伸ばして、シーツを床や壁で汚さないように気を使ってきたひとも、ガス衣類乾燥機があればそんな心配はもういりません。

天日干しより、ふっくら、ふんわり乾燥!

パワフルなガスのパワーで、繊維の根元から乾燥するので、天日干しよりもふっくら! そのふんわり度合いを数字に表すと、天日干しの約1.2倍のふっくら具合。大容量ドラムにパワフルなガスの温風を送り込みながら乾燥させるから、繊維一本一本が根元から立ち上がり、ソフトな仕上がりに。まだほんわりと温かいタオルに顔を埋めると、洗剤の香りと繊維の柔らかさに包まれます。毎日使うタオルはこうでなきゃ。癒しを感じるほどの心地よさ。これがガス衣類乾燥機の最大の魅力かもしれませんね。

ガス衣類乾燥機で洗濯物がふっくら、ふわふわ

 

いかがでしたでしょうか?
参考になる内容はありましたか。ちょっとした工夫や新しいアイデアを取り入れて、雨の日も気にせずに洗濯していきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

枝仁 祥子(えに しょうこ)

職種プランナー、編集者、ライター
専門エネルギー、暮らし方提案

地方新聞社の記者を経て、エネルギー専門の広告代理店に20年勤務。エネルギー情報誌のチーフ、カタログ・イベントのディレクターなど幅広い分野で活躍。2017年に独立。現在は、これまで培ってきた知識を活かし、エネルギーの賢い使い方や、環境にやさしい暮らし方の提案を行っている。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-生活の知恵
-, , , ,

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.