気になる住まいの設備・くらし情報サイト

LITH(リズ)

住まいのコト

ローコストハウスメーカーで節約マイホーム!住宅のプロが後悔しない秘訣を公開

投稿日:

ローコスト住宅

ローコストハウスメーカーの魅力

ローコストハウスメーカーと呼ばれるハウスメーカーは皆さんどれくらいご存じでしょうか。住宅を建築する時にはやはりコストは抑えたいものです。できるだけコストを抑えて皆さんのマイホームを形にするのがローコスハウストメーカーと言えるでしょう。

ローコストハウスメーカーで勘違いし易いのが「安かろう悪かろう」です。現在は建築基準法も厳しくなりこのような「安かろう悪かろう」のメーカーはほとんど無いでしょう。部材や仕様なども大手ハウスメーカーと同等の物が手に入り、尚且つローコストで家を建築できます。

このようにローコストで良い住宅」を目指したのがローコストハウスメーカーです。しかし、安いからと言って全部お任せではいけません。ローコストハウスメーカーで建築する場合は勉強も必要です。

 

ローコストハウスメーカーの仕組み

ローコストハウスメーカーで安く住宅を検討する

部材も仕様も高品質で住宅設備機器も一流メーカーを仕様するローコストハウスメーカーはどのような仕組みになっているのでしょうか。構造が手抜きと考えがちですが一切そのようなことはありません。

仕組みとしては規格型に重点を置いて販売・営業しているのです。各部材のメーカーや住宅設備機器メーカーと提携して大量購入する代わりに仕入れ値を安価に設定してもらっています。特にフランチャイズ店以外の本店直営のメーカーは各支店でも非常に品質も良く、長期優良住宅や省令準耐火構造などをシステムとして導入しているので非常に安心です。フランチャイズ店の場合はその工務店の力量によりますので注意が必要でしょう。

このようにユーザーに対して「高品質で安く住宅を提供」という基盤の考え方がローコストハウスメーカーにはあります。

 

ローコストハウスメーカーのメリット

ローコストハウスメーカーのメリットとはなんでしょうか。色々とメリットはあります。しかしそれをメリットととるか、デメリットと考えるかはユーザー次第になるでしょう。

ローコストメーカーは前述した以外にも様々な所で経費を抑える努力をしています。これは非常に素晴らしいことだと思います。例えば社員全員で店舗の掃除や、社員全員でポスティングをする事などです。大手ハウスメーカーでは有名ビルのフロアなので専門の業者が事務所を掃除してくれますし、ポスティングも業者に依頼したりします。

またローコストハウスメーカーは広告宣伝費もできるだけ抑えて総合住宅展示場などには出店しない場合が多いです。総合住宅展示場に出店すると一説では年間8000万円程の経費がかかるようです。このような考え方の企業とマイホームを建築するということが最大のメリットと言えるでしょう。

とにかくコストパフォーマンスに優れている

ローコスト住宅のメリット

この記事の題名にあるようにローコストハウスメーカーはとにかく低価格で住宅を提供してくれます。前述してきたように企業努力にてローコストを実現したのでしょう。

よく「980万円で一戸建て」や「777万円で一戸建て」などの広告を見た方も多いでしょう。この事は年収が低い若い世代にとっては早期に住宅建築を考える要素にもなります。早めにマイホームを建築して早めにローンを返済して老後はゆっくりと生活したいという考えの若い世代が非常に増えているようです。非常に頼もしいし、賢い選択だと筆者は思います。筆者自身もこのように考えて若いうちに住宅ローンを組みました。

このように安価に住宅を購入できるローコストハウスメーカーは若い世代にとって頼もしい味方と言えるでしょう。

 

建物の信頼性がある

建物は当然「信頼性」がないといけませんが、ローコストハウスメーカーもこの辺は良く熟知しています。どうしても「安かろう悪かろう」のイメージが払拭できないこともあり、キチンと長期優良住宅や省令準耐火構造を取り入れた建物を多数販売しています。

今までの建物は家に対するスペック表などは一切ありませんでした。また省令準耐火構造にすると余計な費用がかかる為、従来のローコストハウスメーカーは取り入れしませんでした。しかし、建物の信頼を得る為に色々な努力や工夫をして長期優良住宅などのスペック表がある建物を標準販売できるようにして、火災保険料が安くなる省令準耐火構造も取り入れるようにしました。これにより、ローコストハウスメーカーの評判も非常に上がったと思います。

 

相談相手が明確

住宅の相談

ローコストハウスメーカーの天敵は何といっても人件費です。この為、マイホームの打合せを担当してくれる人員は営業・設計コーディネーター・現場監督の3人体制がほとんどです。この為誰に何を相談して良いかが非常に分かり易いでしょう。

資金計画関係は営業でプランや色柄関係は設計コーディネーター、工事内容などは現場監督と非常に明確で分かり易いでしょう。

マイホームの打合せ担当が多いとユーザーとしては混乱してしまい、誰に何を話せば良いか分からなくなります。このようなことを防ぎ尚且つ人件費を減らす為にローコストハウスメーカーは日々努力をしているのです。

 

打合せのトラブルが少ない

通常建築をする場合には着工前に打合せ担当者のみで建築計画に対しての事前打ち合わせを行います。この打合せは基本的に社内だけで行うのでマイホーム打合せ担当が3人くらいなので直ぐにできます。また、ユーザーとの打合せ人数も少ないので伝言トラブルが少ないと言えます。

着工前は基本的に設計コーディネーターのウエイトが非常に重くなります。その為ユーザーに最終承認図という形で署名・捺印を求めることがあります。これはユーザーにも「変更はこれ以上できません」という認識をもってもらう為です。その為最終図面の承認の時はじっくりと確認してください。たとえ工事中に打合せと違うと指摘しても「最終図面通りです」現場監督に言われてしまいます。この辺のトラブルを回避する為に徹底しているところがローコストハウスメーカーの良いところとも言えます。

 

工期が短い

ローコストハウスメーカーの工期

ローコストハウスメーカーは回転率が命です。早期着工、早期引き渡しをして現場や会社運営資金を回していきます。

大手ハウスメーカーではあまりそのような事はしません。住宅の利益率が非常に高い為ゆっくりと順番待ちで着工していくケースが多いでしょう。

筆者も大手ハウスメーカーからローコストハウスメーカーに転職した際には着工スパンが非常に短いのでびっくりしました。この事がどんなメリットかと言うと目に見えない費用がかからないという事です。例えば工期が2カ月短いとするとどうでしょうか。2カ月分の家賃や融資手数料などが無くなりますので軽く20万円前後は費用が安く済みます。このように工期が短いと色々な目に見えない費用が安くなりますので大きなメリットと言えます。

 

ローコストハウスメーカーのデメリット

安くて品質も良い、工期も短いなどのメリットが多いローコストハウスメーカーですがデメリットも考えてみましょう。どんな職種・会社にもメリット、デメリットは存在します。それをメリットととるかデメリットと判断するかはユーザー次第になります。

マイホームを建築する事はお店で品物を購入することとは全く違いますので、色々と検討する事が非常に大事です。マイホームを建築したが「納得いかない」や「裁判を起こす」などは残念な事に住宅業界では日常茶飯事なのです。デメリット内容もしっかり家族で相談してみてください。

 

ユーザー側でやることが多い(ユーザーも勉強が必要)

住宅の勉強

ローコストハウスメーカーは人件費が天敵と前述しましたが、この為営業担当は契約が決まると次の顧客に行きます。その為「契約前と契約後では態度が違う」このような話はよく聞きます。

土地の契約・銀行手続き・設計打合せなどは営業担当がいない事も多くあります。この為ユーザーは非常に不安になりますが、これはローコストハウスメーカーで契約したユーザーの運命とも言えるでしょう。その為、ユーザー側が銀行と事前に打合せをして、必要書類を集めたりなどの勉強がある程度必要になってきます。

担当営業にもよりますがこの現象はローコストハウスメーカーゆえの特徴なので理解してあげることが必要です。その辺を考慮して逆に営業担当のサポートをするように考えれば逆に非常に強い味方になってくれます。

 

打合せ担当のスキルが均一でない

ローコストハウスメーカーの従業員は非常に業務が多いです。営業のノルマは大手ハウスメーカーの2倍はありますし、設計担当のスキルもプランニング、建築基準法、インテリアコーディネート、コンセントなどの知識が必要です。現場監督も建築基準法や業者との交渉、職人との打合せ、会社によっては登記法・銀行手続きなど非常に覚えることが沢山あります。

その為打合せ担当のスキルがバラバラで上手く建築計画が進まないことがあります。場合によっては全ての担当が新卒ばかりということも多々ありますので、注意してください。できればキチンと担当リーダーを決めてもらうことが成功の秘訣です。営業担当や設計担当なども変えてもらって良いと思います。しかし、クレームという事ではなくてキチンとカスタマーセンター説明して対応してもらうという事を心がけてください。

 

クレームの対処に淡泊

ローコストハウスメーカーは業務に時間を割かれるのを極端に嫌います。その為、色々な契約の縛りや覚書などを書かせられるでしょう。これも仕方がないことなのです。ローコストハウスメーカーで会社を運営していく為にはクレームによる値引きなどはご法度ですし、サービス工事もご法度です。仮に「言った言わない」などのクレームは完全に対応してくれないと考えた方が良いでしょう。ユーザー側が熱くなればなるほどローコストハウスメーカーは何もしてくれずに対応した担当は「それでは後は弁護士と話をしてください。」と話しを打ち切られるでしょう。

このような事を防ぐ為にも打合せの際には常日ごろから打合せ記録をもらい、ボイスレコーダーで録音し、経緯を記録しておきましょう。クレームだと大騒ぎして熱くなるほどユーザー側が損をします。

 

追加工事の対応・金額

ローコストメーカーのデメリット

ローコストハウスメーカーでは追加変更工事を極端に嫌がります。これは職人や住宅機器メーカーに発注した後だとキャンセル料金が発生してしまうからです。

例えばキッチンの色を変更したいと言ったとしても納品後だとキッチンの金額と職人の費用などが加算されるケースがあります。これは住宅機器メーカーも職人もギリギリの価格で仕事をしている為です。「これぐらいサービスしてよ」という言葉をよく聞きますがほとんどが難しいでしょう。それだけ建物の価格をユーザーの為に低価格にしているのです。

無理にサービスにしようとすると現場監督や打合せチームが自腹を切って職人に支払ったりする事もあります。そのような事を強要されたユーザーの家には担当達もずさんに扱うことも考えられます。

 

アフターメンテナンスの問題

ローコストハウスメーカーではアフターメンテナンス部隊や部署が無い場合も非常に多いです。その為現場監督がアフターメンテナンス担当というケースも多くあります。その場合は現場監督の業務が非常に多くなります。それにより定期点検が遅れたり、メンテナンス連絡が来なかったり、不具合の補修連絡が滞ったりするケースが見受けられます。

このような事も多々考えられるのでマイホームの引渡しの際にはある程度自分で建具調整やサッシ調整などできるようにあらかじめ教えてもらうことや、メーカーのホームページで取り扱い説明書を確認してみてください。どうしても自分の手で直すことができない場合に担当ではなくカスタマーセンターなどに電話して対応してもらいましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ローコストハウスメーカーは色々な企業努力をしています。これはユーザーとなる皆さんに「低価格で高品質な住宅を提供する」という思いからでしょう。しかしその反面非常にシビアで融通が利かない事が多数あります。

大手ハウスメーカー・ローコストハウスメーカー・工務店はどれも素晴らしいと筆者は考えます。その中でも重要なポイントは「マイホーム建築の為の担当リーダーの存在」と考えます。どれだけユーザーに寄り添い、考えてあげられるかでマイホームの満足度は左右されます。これからマイホーム計画を考えている皆さんも大変かもしれませんが素敵な担当に出会える事を願っています。最後まで読んで頂きありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

箱田 雅一(MASAICHI HAKODA)

建築設計業(所属:タクミ建築設計事務所 / 株式会社タクミ / ハグハウス

資格二級建築士、給水設備責任技術者、県認定耐震診断士
専門住宅全般(営業・銀行・融資・設計・施工管理・アフターメンテナンス・登記)

地方工務店の飛び込み営業から住宅業界に入り、その後大手2×4メーカー営業にて勤務、住宅営業をこなした上で施工管理を希望したが希望が叶わず退社し、ローコストメーカーにて施工管理・設計・営業と様々な業務を臨機応変にこなし退職後地元工務店とコラボし、設計事務所の監理者を行っている。
経験物件数は約1300棟前後となる。

編集部 PICK UP

1

みなさん、正しいトイレ掃除の方法はご存じでしょうか。拭く順番は間違っていませんか? 実はちょっと苦手…と思われている方も多いのがトイレ掃除。 場所と人によって時間は異なりますが、5分ほどで終わるのでと ...

ガス代の平均(都市ガス、プロパンガス) 2

光熱費の削減は家計にとって永遠のテーマ。この記事では世帯人数別にガス代の平均金額と平均ガス使用量をまとめました。千m3の道も1m3から。プロパンガスのご家庭も、都市ガスのご家庭も、まずは削減の目標を決 ...

浴室乾燥機 電気代(換気・乾燥・暖房) 3

最近は新築住宅・マンションなどで浴室乾燥機が標準で取り付けられている物件が増加しています。また、賃貸住宅でも取り付けられている物件が増えています。ところがなんとなく電気代が高そうだからと全く使用されて ...

-住まいのコト
-, , ,

Copyright© LITH(リズ) , 2019 All Rights Reserved.